ワインって何かと比べないとその味わいや香りの特徴が取りずらいんです😩

なのでそう言った意味で飲み比べって大切…

ブラインドでテイスティングする場合は絶対に1本ではなく何本かないとダメです。

ワインのテイスティングってお金がかかる😅

ただテイスティングが終わったあとは飲める😆

楽しみは後からとして、ルクセンブルクのピノブランとアルザスのピノブランの飲み比べ。

ヴィンテージはどちらも2017

IMG_3596

先ずは『シャトー ドゥ シェンゲン2017』

ルクセンブルク…

IMG_3595

ソムリエの勉強してる時に印象的だったのは国民一人当たりのワイン消費量が世界一!!だった事。

国民一人当りのワイン消費量は年間約77本😱

そう言う意味では、私はルクセンブルク人かも😅

日本のワイン消費量が伸びているとはいえ、一人当たりの平均では年間わずか4.3本。

ルクセンブルク人は日本人の20倍近くワインを飲んでるんですね。

さて。

淡い色合い。とても上品な白桃の香り。グレープフルーツもあるかな?あまりミネラル感は感じられない。アタックは爽やかな印象。後から程よい酸味が心地いい。アフターの甘さがまたいい感じ。飲みやすいが、しっかりとした骨格で飽きがこない。高品質なワイン。

で!

『ヴァインバック2017』

同じく白桃の香りはありますが、ちょっと熟した感じがします。明らかに違うのはミネラル感!アルザスワインの方がミネラル感をすごく感じます。造り手の特徴なのか産地の特徴なのかは今後をみてみないと分かりませんが、そんな印象です。グレープフルーツもあり、これがピノブランなのかな?って感じです。味わいは香りからくるミネラル感があり、果実味は感じられません。玄人好み!

どちらも美味しいワイン。

それぞれ好みはありますが、ルクセンブルクワイン、好きになりました😆

IMG_3597

あ!

明日の24日(水)はお休みです🙏